YOU TUBE と ニコニコ動画 動画投稿はどっちがいい?

 Youtubeニコニコ
(プレミアム会員)
料金0円540円/月
投稿可能ファイルサイズ128GB3GB
保存容量無制限50個まで(無料プラン)
無制限
説明文・文字数は多め
・表示されるのは3行まで(それ以上は展開しないと表示されない)
・URLは自動的にリンクになる
・文字数は少なめ
・全文表示される
・URLはリンクにならない
画質
(解像度に比例:最大45Mbps)
×
(最大4Mbpsまで)

収益ビジネス
メリット

・動画説明文にアフィリエイトリンクを貼ることが可能
(例えば、Aという商品のレビュー動画なら、
AのAmazonのアフィリエイトリンクを動画説明欄に貼っておけば、収入が見込めたりする)

・いろいろなツール群が優れている
(アクセス解析、アノテーション、カード、音声合成機能など)

・全世界で視聴される可能性がある

・人気者になれば、有料のユーザーチャンネルを開設できる

・ニコニコモンズに登録されることで、子作品の再生回数に応じて収入が増える可能性がある

収益ビジネス
デメリット

・規約に違反すると、速攻でアカウント削除される可能性がある

・再生回数に応じた広告収入がある。(ただし割と厳しい基準をクリアする必要あり。詳しくは「YouTube収益化の基準」に書きました。)

・ファンが多ければ生放送でスーパーチャットによる収益が期待できる

・説明文に外部リンクを設置できるので、自社の商品やサービスを紹介できる

・説明文の中にAmazonアソシエイトリンクを設置できるので、関連商品を直接案内できる

・視聴者の大半が日本人

・ユーザーの減少

・クリエイター奨励プログラム という、人気度に応じて報酬が発生するプログラムがある

・説明文にURLを書くことはできるが、リンクは貼れないので外部サービスと連携しにくい

・リンクが貼れないのでアフィリエイトは直接できない

・人気投稿者ならニコニコチャンネルの収益性は高い。(月額課金モデル)

アクセス解析

純正のアクセス解析が充実している

・ユーザー層(年齢や性別など)
・どこからのアクセスか
・どんなキーワードでアクセスしてきたか
・端末(PC・携帯・タブレットなど)
・視聴者維持率(視聴し続けた割合)
・どのアノテーションが何回クリックされたか

純正なし(サードパーティ使えばアクセス数くらいは追える)

・再生回数
・コメント数
・マイリストに登録された個数

シェアされやすさ

SNSなどでシェア(共有)されるのは一般的なニュースやブログだとYouTubeが多く、ネタ的に流れてくる動画はたまにニコニコ動画も見かけますが、ほとんどYouTubeです。

ニコニコ動画は昔、アカウントを持っていないと動画を見れないとんでもない仕様でしたが、やっと見れるようになりました。

 

 

 

 

  1. MTG

PAGE TOP